こんにちは、たかま響です。

私は今まで、劇作家・演出家として仲間と共に「笑の内閣」という劇団で活動してきました。「ジェンダーの問題」「表現規制の問題」「ヘイトスピーチの問題」など、様々な社会問題・時事問題をわかりやすく伝えお客様に笑っていただく風刺コメディを作ってきました。

しかし、今私の身の周りには書いて書いても「作品の題材」が尽きません。作家としては嬉しい悲鳴ですが、一市民としては本当に悲鳴です。身の回りの方々も、私自身も「生活の事」「仕事の事」「子育ての事」「将来の事」様々な不安を持ちならがら生きています。

だからこそ、これからは作品を作るだけではなく、一番身近な市政に携わり、劇作家として培ってきた力で、自分や身の回りの人達の「困っている事」「生きづらさを感じている事」を伝えたい。一緒に考え、京都を変えていきたいと思っています。

QRCode
イベント情報やボランティア活動をご紹介しています。ぜひLINE@にご登録下さい。

【掲示ご協力ください】クリックでPDFを保存できます。