ホームページリニューアル

たかま響のホームページをリニューアルしました。
http://takama-hibiki.com
「プロフィール」に関しては、しっかり生い立ちや演劇活動についても書きました。参考に、いろんな人のホームページを見たけども、どんなバックボーンを持った人なのか、さっぱりわからんページが多いのできっちり書いています。
「応援する」は、様々な応援方法を書いています。後援会に入っていただいたり、ボラティアをしていただきたいです。
「やりたいこと」は、「政策」と銘打ってますが、あくまで「やりたいこと」です。その実現性を担保するものではありません。
散々書いた通り、私はまずもって文化政策の危機のために待機する役目、そしてみんなの声を届ける御用聞き、そして身の回りの人達にに政治に興味を持ってもらうためには自分がなるのが一番手っ取り早いということで政治家を志したところがあるので(かつできない約束はかなりしたくないタイプでもあるから)、これまでそこまでしっかり書いてなかったのですけども、やはり何がやりたいんだ、政策がないじゃないかの期待の声も頂いたので、とりあえず実現性を担保せずにやりたいことを考えてみたら、まあ、出るわ出るわ、湯水のごとくやりたいことが出てきます。
あまりに書きすぎて、これはどうなんだ。いや、これは市の権限じゃないだろうということもたくさんあったのでだいぶ削ってます。身近に感じてもらうために、SNSをしっかりしますとか、事務所に遊びに来てもらいやすくします、なんてのは「わざわざ書かなくてええやないか」と言われたし、この定数削減しろという意見ばかりの世の中にあって、私は多様なニーズを汲み取るためには増やした方がいいと思ってるのだけどもマイナスにならないこともあるし、逆に票になりやすい高齢者福祉についても、祖母が認知症だった経験もあるから勿論しっかり関心があるし、私自身が演劇人であると同時に「現役フリーターでワーキングプア」であるから、ブラックバイトへの対策もなんとかしたい。が、あれもこれもと書いてると本当に際限がないので本当に厳選しました(党の仲間には20項目書いている北区の片桐さんや、中野区議会議員の森たかゆきさんのようにあ100項目書いてる人もいますが、私は何せまったく経験がないので5個くらいじゃないと信憑性がない)。
詳しくは読んでもらえればですが、根底にあるのは、私は「政治の役割は運の調整」だと思っています。世の中には、運の良い人悪い人がいる。運の良い人の運を、運の悪い人に「気持ちよく納得して」分けてもらう。それだと思います。弱い者がさらに弱い者を叩く状況を打破するために、こうした政策理念を書いています。ぜひ読んでいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です