第1回 ポスティング作戦 結果報告

21日、22日に行った、一斉ポスティング作戦について結果報告致しますと、中京区には23か所学区があって、そのうちの教業、乾、朱雀第一、第三、第七の全区域、及び本能、明倫の一部、中京区6万選対のうちの4分の1の14000枚ほど(中京はチラシ配布禁止のマンションも多いので)を配り終えました。2日間で計14名の方に参加いただきました。
この結果を自己採点すると55点です。配った枚数で言えば、よくやれましたが、大学の試験で言えば55点は単位不可です。テキトーに配ったわけではなく、学区ごとにどこを優先して巻くかを考え、「ライバル候補者の地盤の学区を優先し1日で一気に配って揺さぶりをかける」という戦略を立て、それを達成したということで言えば成功です。が、そもそも14人しかボランティアが集まらなかったというのは「失敗」と表現していいと思っています。

そもそも、21日、22日という設定じたいが(チラシの印刷の関係で仕方ないとはいえ)、およそ30名以上の演劇仲間が「手伝いたいけど、忙しい時期すぎて手伝えない」という返信をもらったとはいえ、100人以上に協力をしてほしいという連絡を送って、およそ半数が「高間のことは好きでも、政治活動には関われない」「高間は好きでも、立憲民主党は支持できない(無所属なら手伝ったが立憲公認を得たことで手伝えない)」「高間個人は好きでも、政治家としてはまだ信用できない」というような返事すらもらえない「無視」をされているというのが現状です。要は、返信をするのすらめんどくさい、と思われているということです、これは明確に失敗です。
この無視も楽観的なことを言えば、批判的無視ではなく、演劇人というのはガチで怠惰なので、本当に直接あって「手伝ってくれ」と言いさえすれば手伝ってくれる人もいると思います。がこれが1年かけた政治活動であれば、一人一人にお会いして手伝ってくださいと言えるのですが、これは私がわるいのですが4ヶ月しかない以上、中京区にお住いの田中府会議員から紹介してもらえる方と交流をする時間だけで精一杯というのが現状です。本当は、一人一人演劇関係者の方とも口頭でお伝えしたいが、それをネット上の文字のやり取りだけでしなければならない、しかしそれでは私の思いを伝えきれないというのは、まさに今までテキトーな人間関係で生きて生きて、ネットだけではとても信用してもらえない私の不徳のいたすところだと思います。
とにもかくにも、今私を手伝ってくれている人は「もともと私が好きだった人」だけです。それはとてもかけがえのない人たちです。私のことが好きで、私が政治活動という、今までの演劇活動とは別な道をはじめても応援してくれる。それはとてもかけがえのない方々です。
しかし、それだけではまだまだ足りません。ひいては、私のことを知らなかった人も、私に好意を持ってない人のお力も必要です。それは、立憲民主党公認ということでひとつは達成されています。1ヶ月前は私のことを知らなかった立憲民主党支持者、福山哲郎支持者、田中けんじ支持者の方の中には、もちろんまだまだ「いくら、福山、田中が認めたからって、こんなどこの馬の骨ともわからん奴がほんまに信用できるんかいな」と見極めている方の方が多いと思いますが、「福山、田中が認めたならそれに賭ける、応援したるわ」とおっしゃって下さる方もいます。それはとてもありがたく、かつ責任重大で裏切ってはいけない思いで頑張らなければならないことです。
が、一方で、私は演劇関係者を巻き込まなければ意味がないと思っています。私のような別に政治能力が高いわけではない人間が市政に挑む理由の一つは、「政治を身近に感じていない、芸術家関係者をたくさん政治にコミットさせたい」からです。私は、立憲民主党が大好きで、だから仲間になりたいと思って行動しましたが、要は演劇仲間はそんなこと関係なしで、「演劇の仲間の一人が市政に挑む」ことを、重要視してくれればなと思います。私は自民党のことが大嫌いですが、逆にもし「京都演劇界から、自民党公認で出馬する人」がいたなら「それはそれ」で応援していたと思います。実は今回「日程が合わないが日程が合えば手伝う。応援する」と言ってくれた演劇人の中に、普段のツイートを見るに明らか「安倍政権支持」の方がいました。これは本当に、本当に嬉しいことです。
私は欲張りなんで「私が好きな人」のためにも「私のことはどうでもいいいけど、私が掲げる政策に賛同してくれる方」のためにも、「私が好きでないけど中京区が好きな方」のためにも「私が好きではないけど演劇界のために応援する」かたのためにも、もう「私のことが嫌いで、かつ私を応援しなかった中郷区民、いや京都市民」すべてのために働きたいと思ってます。そう書くと嘘つけ、良く言いすぎやろと言われるのであえて書きます。それが私の自己顕示欲を満たすことです。なので、ぜひそこに賭けて手伝っていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です